あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

花子とアン ネタバレ あらすじ 26週 151話

NHK朝ドラ「花子とアン」ネタバレ第26週151話
2014年9月22日(月)放送予定分

花子とアン ネタバレ あらすじ 26週 151話

体の調子を悪くしていた吉平が、天に召されました。

2014-09-22_1528092014-09-22_152943

甲府の安東家では、葬儀がしめやかに執り行われています。ふじ、吉太郎、かよ、もも、花子、そして吉太郎の妻となった醍醐。

「自由な人じゃったけど、明るくて楽しい人じゃったねえ」

家族やごく親しい人びとが吉平の作った最後の葡萄酒を、弔いにと酌み交わしています。するとそこへ、正装した武が訪れます。

2014-09-22_152927

手には、酒やごちそうが沢山携えられていました。

「武?いきなりどうしたでえ」

「今日は真面目な用で来たんで。このたびは、お悔やみ申し上げます。父から仰せつかって、お悔やみを持ってまいりました」

2014-09-22_1530092014-09-22_153035

改まった武の訪問は、徳丸の心遣いでした。ふじちゃんも悲しんでいるだろうから、とせめてもの弔いに息子に料理を運ばせることにしたのでした。

「徳丸さん…あんなに沢山迷惑をかけただに…」

「ほんに、立派な地主さんじゃねえ。ありがてえこんだ・・」

2014-09-22_153047

「うちの人とは、しょっちゅう喧嘩みたいになっとったのに。世話になりっぱなしじゃねえ」

「たけし・・今日は本当にありがとう」

思いがけない徳丸の心遣いに、みんなは感動するのでした。吉平の葬儀は、家族や新しく嫁となった醍醐など、多くの人に囲まれ和やかに進んでいきました。皆で酌み交わした葡萄酒の効果もあったのかもしれません。

 

時折笑顔もこぼれる和やかな場にもかかわらず、どこか寂しそうな表情を拭えない人がいました。それは、夫をなくしたふじです。

(おかあやん……。ずっと元気が無いわ。あんなにおとうと仲が良かったんだもの。無理は無いわ。でも、お母まで気を落として倒れないといいのだけれど…)

2014-09-22_153114

花子は、気丈に振る舞ってはいるもののすっかり気落ちしてしまった母を案じていました。

その夜、花子はふじと縁側で話をする。

「おっ母・・それ昔、お父がおっ母に送った櫛・・」

「あの日お父が倒れたのがオラの前で良かったよ・・今頃おじいやんと歩と楽しくやってるら^^」

「おっ母、相談なんだけど・・東京で一緒に暮らさない?」

母を気遣う花子はふじに提案するが・・

「オラにはやりてぇコンもねえだよ。オラの家はここじゃ。この家だけじゃんけ^^」

2014-09-22_153153

「ありがとね・・はな」

ふじはきっと、お父と過ごしたここを離れたくないんだ・・そう悟った花子はそれ以上無理にフジを誘わなかった。

一方蓮子は、未だ暗闇の中にいた。純平が戦死して依頼生きる気力を失った蓮子を龍一が何とか勇気づけようとするが、蓮子の心を溶かすことは未だ出来ないのだった。

2014-09-22_153501

数日後、東京に戻った花子。翻訳原稿の売り込みに奔走していた花子は、帰り道かよの店に顔を出していた。

「お姉やん今日もダメだったの?」

「そうね、今はどこもすぐに売れる本じゃないと中々・・」

花子と話していると、かよの足元にいきなり幼い戦争孤児が飛び込んできた。

2014-09-22_1536372014-09-22_1536492014-09-22_153702

「助けてください。助けて!」

「おい、お前ら!こっちに子供が二人来なかったか?」

「あ・・あっちに走って逃げてきましたよ・・」

2014-09-22_1537412014-09-22_153750

かよと花子は二人を何とかかくまい、警察をやり過ごすことに成功する。

「おまわりさんは、行ってしまったわ。もう大丈夫よ^^」

この二人が、かよの今後を大きく左右するとは、呼の時まだかよは思いもしなかった。

2014-09-22_1538362014-09-22_153845

■花子とアン 25週 出演 キャスト
吉高由里子,仲間由紀恵,窪田正孝,黒木華,鈴木亮平,高梨臨,藤本隆宏,中島歩ほか

花子とアン,ネタバレ 26週 151話 画バレ

2014-09-22_153258 2014-09-22_1534172014-09-22_153556 2014-09-22_1536062014-09-22_153722

花子とアン 151話 感想

お母はお父との唯一の想い出のあの初恋の櫛を今も大事に持ってる。コレがあれば行きていけると言わんばかり。

ふじの「おらにはやりてぇこんなんか、なんもねぇ」には今日もやられました・・。お父と一緒じゃなきゃ楽しいこともねえというふうにも聞こえてチョット悲しかったな。

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 涙が止まりません 感動をありがとう
    素晴らしいドラマでした
    花子さんの今日のBE quaietはカッツコよかったです

    • 確かに^^ちび呼ばわりされた花子の毅然とした態度に、いいぞ!ってね。更に良かったのは、上官の対応の素晴らしさ。あれ良かった・・

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top