あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

花子とアン ネタバレ あらすじ 25週 150話

NHK朝ドラ「花子とアン」ネタバレ第25週150話
2014年9月20日(土)放送予定分

花子とアン ネタバレ あらすじ 25週 150話

夜、2人だけの時間を過ごして吉太郎は父に対して素直な感情を覚えていました。

長年のわだかまりが溶け、ようやく2人は親子としての第一歩を踏み出したのです。

「吉太郎、ついて来い。葡萄酒を作りに行くぞ」

2014-09-19_182435

翌日、吉平は吉太郎を葡萄酒づくりに連れ出しました。

一方、朝市から後押しされて勇気をもらい、ラジオの仕事をやると決心した花子。一人東京に帰り早速黒澤に電話する。

「黒澤さん・・ラジオの仕事お受けします」

それを聞き喜ぶ黒澤だった。

一日中作業に没頭し2人が家に戻ると、迎えたふじが開口一番予想外のことを言います。

「吉太郎にお客さんじゃん♪なげーことずっと待っている人がいるだよ~」

ニコニコした笑顔で吉太郎にそう告げたふじ。

「ん?誰だ・・醍醐さん!!」

囲炉裏の前を見ると・・そこにいたのは、あの醍醐でした。

「醍醐さん…!どうしてここへ?」

「吉太郎さん…。私、心配していたんです。先日お会いした時、元気がなくて様子がおかしかったから。私、居てもたっても居られなくって。」

突然の醍醐の訪問に、吉太郎は驚きを隠せません。ふじと吉平は、ニコニコしながら二人の様子を見守っています。

 

醍醐が、意を決して吉平とふじへ向き合います。

「おとうさま。おかあさま。こちらで私に吉太郎さんのぶどう酒づくりのお手伝いをさせて下さい」

「・・・」

「家事は得意ではありませんが、教えていただいたことは何でも頑張ります。少しでもお役に立てるよう頑張りますので、ここへ置いては頂けませんか」

土下座してたのみこむ醍醐。

「私、吉太郎さんを待ってたら、よぼよぼのおばあちゃんになってしまいます・・だから」

「いきなり何を言って・・あなたはいつもそうやって勝手に・・」

「オラから言わせて下さい・・」

真剣な表情で両親に向き合った吉太郎は醍醐への気持ちを両親にも告げる。

「オラ、この人と一緒になりてぇ!」

「おらたちは構わなねぇ、2人で話し合って決めなさい」

微笑むふじと吉平。

 

「醍醐さんふんとうにこんなボロ屋に来てくれるんですか?」

「はい^^」

長い年月をへて、二人はやっと結ばれることになった。

年が明け、花子がラジオに出る日がやってきた。懐かしいラジオのおばさんの声が帰ってきた。

「懐かしいな・・」

花子はゆっくりと自分の今までの過去を話し始めた。その中には腹心の友都の出会い、貧乏の中自分を修和に入れてくれた父のこと・・

それを聞いた家族や友達は花子の本当の気持ちを始めてしる。

 

そしてその放送を聞いていた吉平も感慨深くその放送を来ていた。

「あのお父がいなかったら私は英語に出会うことは無かった・・」

自分のやったことは間違いじゃなかった・・花子の言葉でそう確信させてくれる。

そして放送が終わった時、吉平は眠るうに息を引き取ったのだった。

■花子とアン 25週 出演 キャスト
吉高由里子,仲間由紀恵,窪田正孝,黒木華,鈴木亮平,高梨臨,藤本隆宏,中島歩ほか

※当ブログは放送前に公開された「花子とアン」のストーリーをもとに、予想あらすじを編集公開しております。本編放送後に、花子とアンの「画バレ・感想」も追加し可能な限り再編集を行っております。相違がある事をご了承の上お楽しみください^^

花子とアン,ネタバレ 25週 150話 画バレ

放送後に追加します。

花子とアン 150話 感想

放送後に追加します。

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top