あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

花子とアン ネタバレ あらすじ 25週 146話

NHK朝ドラ「花子とアン」ネタバレ第25週146話
2014年9月16日(火)放送予定分

花子とアン ネタバレ あらすじ 25週 146話

毎日どこかがアメリカによる

空襲に遭っていました。

東京中が焼け野原になり、

本土決戦も近いのでは…という

噂が行き交います。

東京大空襲

空襲警報がなると、防空壕に駆け込む。

そんな日々を過ごす中、花子は翻訳に

熱中していました。

 

以前のように「非国民」だと花子をなじる元気も

他の人にはありませんでした。

 

花子は我が身も顧みず、黙々と

「アン・オブ・グリーン・ゲイブルス」

の翻訳に勤しみます。

(一刻も早く、完成させて子供たちに夢を・・・)

 

花子の胸中は、その思いでいっぱいでした。

そして、昭和20年8月15日がやってきます。

 

「今日、大事な放送があるらしいからみんなで聞こう」

「ええ。何かしら…」

「国民全員にあてての放送だそうだから、

きっと良い知らせに違いないよ」

 

その日のお昼。なんとか焼け残った村岡家に、

花子、英治、もも、旭、そして村岡家に居候

しているかよが集まりました。

 

正午になり、ラジオから天皇陛下の声が

流れ始めます。

『朕深く世界の大勢と帝國の現状とに鑑み…』

 

「これは…降伏宣言を受け入れるということか…?」

「…戦争が、終わった?終わった・・」

「これから、平和な世の中が来るのかしら」

皆、にわかには信じられない様子で、

ラジオを見つめていました。

 

その頃、宮本家でも蓮子と龍一らは

玉音放送を聞いていました。

終戦宣言を聞きながら、龍一は一言も口を開きません。

 

これまでの活動を振り返り、なんとも

収めがたい怒りと無力感と戦っていました。

 

しかし、蓮子の表情は龍一のそれとは正反対でした。

蓮子は、戦争が終わったという知らせに

顔を明るくします。

 

「戦争が終わったということは、純平が帰って

くるんだわ。きっと、無事に生き帰ってくる!」

 

戦地に赴いた息子の無事の帰還が近づいた

と感じ、蓮子は喜びをかみしめていました。

■花子とアン 25週 出演 キャスト
吉高由里子,仲間由紀恵,窪田正孝,黒木華,鈴木亮平,高梨臨,藤本隆宏,中島歩ほか

※当ブログは放送前に公開された「花子とアン」のストーリーをもとに、予想あらすじを編集公開しております。本編放送後に、花子とアンの「画バレ・感想」も追加し可能な限り再編集を行っております。相違がある事をご了承の上お楽しみください^^

花子とアン,ネタバレ 25週 146話 画バレ

放送後に追加します。

花子とアン 146話 感想

放送後に追加します。

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top