あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

花子とアン ネタバレ あらすじ 24週 142話

NHK朝ドラ「花子とアン」ネタバレ第24週142話
2014年9月11日(木)放送予定分

花子とアン ネタバレ あらすじ 24週 142話

昭和19年。東京は、もはやいつ空襲にあってもおかしくない状況でした。

東京にやってきて説得してくれた吉平の誘いに乗り、花子と英治は美里と直子を甲府の実家に疎開させることにしました。

「戦争が終わったら、また一緒に暮らせるから、おじい、おばあのいうことを聞いていい子にしているのよ」

子供たちを連れてくるため、久しぶりに甲府の実家を訪れた花子だったが、滞在わわずかで、単身すぐに東京に戻ることになりました。

 

花子に連れられて初めて甲府に来た美里と直子は、東京とはぜんぜん違う世界の中で疎開生活を始めることになったのです。

「おじい、今日はどこに連れて行ってくれるの?」

直子は、直ぐに甲府の生活に馴染みました。初めて見るものに興味津々、目を輝かせそれはもう毎日楽しそうです。

しかし正性格が正反対の美里は、なかなか甲府に馴染むことができず東京を思い、塞ぎこむ日々を送っていました。

2014-08-29_104925

一方、甲府から帰った花子自身が今度は病に倒れていました。なんと”ジフテリア”に感染してしまったのです。その知らせを受けた吉平は・・

「美里、落ち着いて聞きなさい。お母さんが病気で倒れたそうじゃ。すぐに良くなるから、お母さんに心配をかけないよう、こっちでこぴっと頑張るんだよ」

 

美里は、吉平から母が倒れたという知らせを聞いて更にショックを受けます。母に自分が悩んでいることを伝えようか迷うが、病気で辛い母に余計な心配をさせまいと、手紙には自分は元気だと綴るのでした。

「美里から手紙だわ…。ふふ、元気そうでよかった…」

花子と英治はその知らせを見て安心します。

 

しかし実際は、甲府の生活に馴染めない美里。さらに母が倒れたという知らせで、無理に明るく振る舞おうとはしていますが、意気消沈してるのは明らかだった。

そんな美里の落ち込んでいる表情に気づいたのは、教師の朝市だった。朝市は美里を励ますため学校で声をかけます。

「美里ちゃん。なれない土地で大変じゃんね^^」

2014-08-27_033445

「お母さんのことも心配だら?辛かったら、しばらくは無理に学校来んくてもいいだぞ」

その言葉を聞いた美里は・・

■花子とアン 24週 出演 キャスト
吉高由里子,仲間由紀恵,窪田正孝,黒木華,鈴木亮平,高梨臨,藤本隆宏,中島歩ほか

※当ブログは放送前に公開された「花子とアン」のストーリーをもとに、予想あらすじを編集公開しております。本編放送後に、花子とアンの「画バレ・感想」も追加し可能な限り再編集を行っております。相違がある事をご了承の上お楽しみください^^

花子とアン,ネタバレ 24週 142話 画バレ

放送後に追加します。

花子とアン 142話 感想

放送後に追加します。

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top