あさが来た ネタバレ あらすじ最終回まで.com

花子とアン ネタバレ あらすじ 23週 137話

NHK朝ドラ「花子とアン」ネタバレ第23週137話
2014年9月5日(金)放送予定分

花子とアン ネタバレ あらすじ 23週 137話

時代はどんどん戦争に向かい、ラジオでも、新聞でも報道されるのは戦地のことばかりです。

とうとう欧米各国とも本格的に開戦し、日本に暮らす外国人は肩身の狭い生活を強いられていました。

 

そんなある日、花子にある別れがやってきます。それは、修和女学校時代の英語教師、スコット先生でした。

クッキーの焼き方を何度も教わったり、花子が英語を真剣に勉強するきっかけになったりと、花子にたくさんの影響を与えてくれたのが、スコット先生でした。

「スコット先生!お久しぶりです^^」

恩師・スコットとの再会を喜ぶ花子。

2014-08-22_205758

しかし、その喜びもつかの間、スコットは日本を去ることになったことを花子に告げるのでした。

「スコット先生も…」

花子には、もちろん引き留めたい気持ちがありましたが、時勢を考えるとそうも言っていられません。

「スコット先生…本当にお世話になりました。たくさんのことを教えていただきました。

きっと、この戦争はいつか終わると思います」

「戦争が終われば、きっとまた逢える日が来ます。その時は・・また日本にいらしてくださいね」

「そうですね。いつかまた逢えますね^^」

スコット先生は、悲しそうな表情を浮かべながらも微笑み、そして花子に一冊の本を手渡しました。

 

「こんな素敵な本…わたし、いただけません。先生も大事にしてらっしゃったんでしょう?

お気持ちだけで十分です」

2014-09-06_070703

思い入れのありそうな本に花子は戸惑います。その本には、見て取れるたくさんの読んだ跡があったからだ。それでもスコット先生はひきません。

「HANA・・・これは私とあなたの友情のあかしです。あの日を忘れないためにも、ぜひHANAに持っていてほしいのです」

2014-09-06_0705502014-09-06_070610

「友情の記念として!」

「スコット先生・・」

そうスコット先生は繰り返し述べはなを説得する。

「先の大戦であのころ思いながら歌った彼氏も今は大戦で死にました」

2014-09-06_0709162014-09-06_071515

「ありがとう・・。お気持ちはわかりました大切にします!先生も、お体にお気をつけて」

「ごきげんよう・・」

そしてスコット先生は日本を去ってしまった。

スコット先生が花に託したその本こそ

「アン・オブ・グリーン・ゲイブルス」

あの「赤毛のアン」の原著でした。

2014-09-04_200016

スコット先生が、帰った後、花子はその本に目を通し始めると、いっぺんで虜になって、翻訳を進めていく。

スコット先生と約束したように、いつか平和になった時日本でこの洋書の翻訳版を出版し子供に届けるため無我夢中で翻訳をすすめていくのだった。

2014-09-06_0710482014-09-06_071149

英治も久しぶりの花子の気をやる気が見れて嬉しく思っていた。

そんなある朝早く一本の電話が村岡家に入る。

「誰だろうこんなに朝早く・・」

「私が出ます。もしもし村岡です」

2014-09-06_0713552014-09-06_071405

その電話は黒澤だった。今日は花子のラジオの日だったが、緊急のニュースが入ったので休んでほしいというのだ。

「急で住みませんが、バタバタしていて。事情は明日説明します」

英治に話すと、不信中をお浮かべ新聞に目を通す。

「変わったニュースも無さそうだが・・」

首を傾げながら、ラジオの時間になって耳を傾ける2人。

すると有馬次郎の声が・・

2014-09-06_0714462014-09-06_071502

「緊急速報です!本日未明に帝国陸海軍は、12月8日未明。アメリカ陸海軍と戦闘状態に入った!」

そう伝えたのだ。

ラジオの前で驚く、花子と英治。日本はとうとう太平洋戦争に突入したのだった。

■花子とアン 23週 出演 キャスト
吉高由里子,仲間由紀恵,窪田正孝,黒木華,鈴木亮平,高梨臨,藤本隆宏,中島歩ほか

花子とアン,ネタバレ 23週 137話 画バレ

2014-09-06_0709002014-09-06_071515 2014-09-06_070512 2014-09-06_0705372014-09-06_070626

花子とアン 137話 感想

放送後に追加します。

スポンサーリンク


URL :
TRACKBACK URL :

*
* (公開されません)
*

サイト内検索

Return Top